MENU

リアップとは何か?

リアップとは、日本大正製薬が発売している発毛剤である。以前から有名な商品ではあったが、既存のリアップよりさらに濃度を5倍に引き上げた「リアップ×5」が発売されるようになりさらに注目を浴びるようになった。

 

リアップの有効性分はミノキシジルである。 ミノキシジルは毛包という発毛組織に作用して発毛を促進して行く毛髪も厚く成長させる。 既存製品群は有効性分が1%だが×5は有効性分の濃度を5%で高めたのが特徴だ。

 

改正薬事法に基づいた一般薬分類では危険度が高い1流医薬品に分類される。

 

このリアップはよく、第一三共ヘルスケアの「NFカロヤンガッシュ」や資生堂の「アデノゲン」などと同列に語られる事があるが、これらは「発毛促進剤」であり、「発毛剤」を標榜とする商品は現在「リアップ」のみである。

 

大正製薬はこの他にも女性用の「リアップレディー」や頭皮の酸化を防止し、栄養を補給する「リアッププラス」などのシリーズ製品もリリースしている。

リアップの副作用の例

最近3年の間日本で発毛剤、総合風邪薬、鼻炎治療剤など医師の処方せんを必要としない一般医薬品の副作用で疑われる死亡者が10人発生したことがわかった。

 

日本で処方用医薬品(すなわち、専門医薬品)による死亡者数は毎年約1,200人に達すると分かってきたが、一般薬が原因で疑われる死亡者数が明らかになったことは今回が初めてだ。

 

これに伴い、医薬品スーパー販売など医薬品販売規制緩和を推進中の日本政府の施策にひとまずブレーキがかかる展望だ。

 

日本政府の答弁書によれば去る2000年4月から今年6月まで一般薬副作用で疑われる死亡者発生件数は合計10件であり、年齢帯は20台から80台に至るまで多様な分布を見せた。

 

死亡者発生の原因医薬品を品目別に見れば発毛剤と風邪薬が各3件、鼻炎治療剤2件、解熱?鎮痛剤1件、漢方薬1件などで現れた。

 

この中最も報告件数が多かったことは大正製薬の男性用発毛剤リアップ(RiUP)で3人の死亡者が発生したことで報告された。

 

しかしリアップを製造、発売している大正製薬側は「該当製品の主要成分を成し遂げるミノキシジル(minoxidil)が頭皮で血中で吸収される量は極めて少量に過ぎないので科学的に因果関係があると見難い」と立場を明らかにした。

 

これと関連して、厚生労働省も「薬品の副作用に原因があると見難い」と明らかにして緊急安全性情報配布は指示しない方針だと知らされた。

 

リアップを使っている間死亡したことで報告された人々は50台、60台、年齢未詳各1人ずつであり、死因は全部急性腎不全および急性梗塞など心血管系疾患だった。

 

大正製薬側は“3人の死亡者は全部「リアップ」を使い始めた後2〜5ヶ月の間胸が苦しくなるなどの症状を訴えたが、これらの中1人は心臓病を持病で病んでいた”と説明した。

 

一方総合風邪薬および鼻炎治療剤を使った後アレルギー性発作であるアナクピルラクシショックや重症皮膚障害を起こして死亡したケースが6人であり、肝硬変を病んでいた女性が漢方薬「小柴胡湯」を服用した後てんかん性肺炎により死亡した事例も1件が目についた。

 

厚生労働省は“一般薬の場合、処方薬に比べて副作用危険性は少ないけれど、珍しく重症副作用が発生する可能性があるので添付された使用説明書を熟読して異常がある場合、直ちに服用を中止しなければならないこと”としながら留意を求めた。

 

その他の副作用の報告

 

日本で人気を呼んでいる発毛剤リアップが副作用が多いと明らかになって厚生省が調査を始めた。
6月大正製薬が出したリ業は現在まで400万本が売れた。 1本価格は5500円、 日本国内使用者だけ100万人と推算される。 しかし発売後3ヶ月の間500件余りの副作用事例が報告された。
事例別には発疹あるいはかゆみ症が最も多い260件余りを占め
頭痛めまい100件余り
心臓ドキドキするということと胸痛み60件余りなど順だった。
二日間3度使った60代男は心筋梗塞で入院した。

 

製薬会社側は「600人を相手にした臨床実験では異常がなかった」としながら「薬品使用説明書に副作用が現れれば使用を中止しろと表示している」と明らかにした。

更新履歴